猫の結膜炎

結膜炎とは結膜の炎症のことをいいます。

猫ちゃんがおこるとなるとほとんどがヘルペスウイルス感染、クラミジア菌による感染症の単独もしくは併発による結膜炎が多いです。

症状として目やに、涙、目の腫れ、瞼と結膜の癒着などが現れます。

この時期、赤ちゃんの子猫ちゃんを拾ったという方も増えてきますが、外にいた猫ちゃんで眼に症状があるとほとんどこの感染症によるものと思われます。

診断は現在では症状によって判断することが多いです。ヘルペスウイルスの検出は一般的ではありません。クラミジアに関しては眼の表面にある細胞を少し拭わせてもらい、染色してクラミジアを検出する方法があります。

治療としては点眼治療で抗生物質の投与を行ったり、飲み薬で抗ウイルス薬を飲んだり、ウイルスに対する免疫を上げるインターフェロンの目薬をつける方法などがあります。

ウイルスにかかっているとなかなか完治は難しく、なるべく悪化しないように、再発をしないようにといった治療になります。

感染する前にワクチンによる予防が重要です。大人になってからでも空気感染によりおこりますので、かならず毎年ワクチンを打ちましょうね。