抜歯

ヨダレがひどいと来院したネコちゃん。

口を見ると歯肉が真っ赤に腫れていてとても痛そうbearing歯石もたくさんついていました。

口内炎は細菌感染やウイルス疾患、免疫異常などが関与していると考えられています。カリシウイルスというウイルスに感染していると、幼少期から口内炎を起こし、若い年齢で痛みに苦しむことになるネコちゃんもいます。

この来院したネコちゃんはひどい口内炎と歯石がひどかったので、抜歯をお勧めしましたが、少し悩んでいらっしゃったので、まず内服薬を飲んで様子をみることに。一週間飲んで、赤みも少し落ち着き、ヨダレも減りました。

ただ、飲み薬をやめると再発しやすく、また年齢を重ねるにつれて麻酔のリスクも上がり、抜かないとどうしようもないという状態なのに、麻酔がかけられないというジレンマに陥ることもあります。

幸いこのネコちゃんは血液検査も特に問題なく、麻酔に耐えられる状態でしたので、飼い主さんも抜歯をすることを選択されました。

 

 

画像 1489.jpg

抜歯をする前の状態です。歯石もひどく歯の周囲には赤みがひどい状態です。

画像 1490.jpg

こちらが抜歯後の状態です。少し見にくいと思いますが、前歯、下の犬歯を除いて抜歯を行いました。犬歯や奥歯は根が深く、抜くと穴が大きいので薬を入れて、歯茎を糸で縫っています。

数日は違和感もあるかと思いますが、徐々に腫れも引いて赤みもなくなってきます。歯がなくてごはんが食べられるのかと不安になる飼い主さんもいらっしゃいますが、犬ちゃん、ネコちゃんも多少こぼしてしまう場合もありますが、慣れてくると乾燥したドッグフードを問題なく食べられます。

口の痛みは食欲不振につながります。歯石が少しついてきたな、口臭が強くなったな、口内炎があるかも、など不安なことがありましたら、動物病院に相談してくださいね。