試験開腹

この1週間ずっと食欲がなく、嘔吐が止まらないと来院したネコちゃん。症状が続いているので、飼い主さんと相談し、検査入院となりました。

嘔吐の原因は様々です。まず考えられるのが、胃の中の病気で原因として胃炎、潰瘍、異物による通過障害、胃の出口が狭くなってしまうことによる幽門狭窄、腫瘍があげられます。

次に小腸や大腸の病気が考えられます。腸炎、腸閉塞、寄生虫、感染症、腫瘍などが考えられます。

そして胃腸以外の病気として膵炎、腹膜炎、肝臓や胆嚢、胆管の疾患、また、内分泌や代謝の病気である、甲状腺機能亢進症、糖尿病、腎不全などが考えられます。

年齢や性格、癖などから一つずつ考えられるものをつぶしていく必要があります。まず血液検査、レントゲン検査、バリウム検査を行い、内臓障害の有無、異物や胃、腸の閉塞がないか確認を行いました。

血液検査の結果から膵炎、甲状腺機能亢進症、腫瘍、肝臓疾患の可能性があり、さらにそちらの病気の鑑別の検査を行うことに。バリウム検査では異物や閉塞の症状はみられませんでした。

胃腸の腫瘍や膵炎、肝臓疾患の可能性があるので、飼い主さんと相談し、お腹を開いて、肉眼的に内臓の状態をチェックし、さらに組織を一部とって病理検査を行うことに。

病理の専門の先生に診てもらい、腫瘍や炎症の有無を判定してもらいます。

たかが、嘔吐といっても様々な原因が考えられ、制吐剤だけで、すぐに元気になるようなものならいいのですが、何日も吐き続けるとなると、いろいろな検査が必要となってきます。すぐに原因がつきとめられればいいのですが、なかには一つ一つ可能性をつぶしていくのに時間がかかる場合もあります。このネコちゃんもなかなか原因がつかめず、試験開腹となりました。麻酔のリスクもあったのですが、無事終わりました。原因が突き止められて、元気になれるようにネコちゃんと一緒に頑張ります。