熱中症にご注意を

急に暑くなりましたねsun暑さに体が慣れていないこの時期、熱中症に注意が必要です。

 

熱中症(熱射病、日射病)は、蒸し暑い室内や車内での留守番、暑さが厳しいなかでの散歩やお出かけなどが原因で発生します。急激な体温の上昇により、あえぎ呼吸(パンティング)、よだれ(流涎)といった症状が現れ、ひどい場合には呼吸困難や吐血、血便などを起こし、ときに命に関わることもあります。。

熱中症の症状として

初期症状
急激な体温の上昇(40℃以上)のため、口を大きく開けて、ハァハァと息苦しそうに呼吸をしたり、よだれを大量に出すほか、悪心や嘔吐、下痢をしたり、一時的にふらついて倒れてしまうことがあります。さらに、目や口腔粘膜の充血(赤レンガ色、やや暗めの赤色)が起こってきます。

熱中症がさらに進行した場合
虚脱や失神、筋肉のふるえが見られたり、意識が混濁し、呼びかけにあまり反応しなくなったりします。さらには、完全に意識がなくなったり、全身性のけいれん発作を起こしたりすることもあります。症状がかなり進行すると、吐血や下血(血便)、血尿といった出血症状が見られたり、酸素をうまく取り込めずチアノーゼが見られたり、最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わることもあります。

おもにシーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサーなどの短頭種の犬ちゃんは気道が狭くなっている場合が多く、パンティングによる体温調節がうまくいかないことが多いので注意が必要です。

また少し前は大型犬ブームでしたが、シベリアンハスキーやサモエド、アラスカンマラミュートなどの毛が密な犬ちゃんはもともと、寒冷地方の犬なので、厚さに弱く、熱中症を引き起こしやすいです。

そのほか、太っている犬ちゃんや体力的に未熟な幼犬、高齢犬も注意が必要です。心臓や肺などの呼吸器に病気がある場合、症状が悪化したり、熱中症になりやすかったりするため注意が必要です。

車内で数分お留守番をさせた、締め切った室内でお留守番をさせた、昼間にお散歩したなど、どれもやってしまいがちですが、この時期、要注意です。

熱中症の症状が出ていたら、意識があり、お水が飲めそうな状態であれば、まずお水を飲ませ、脇や内股などに冷たいタオル、アイスノンなどをつけて体を冷やしてください。冷やしすぎは危険ですので、体全体を水にぬらすと、低体温になったときに処置が間に合わないのでやめましょう。40度から下がってきたら冷やすのをやめましょう。

意識がない場合には脇や内股を冷やしながら一刻も早く病院へ行きましょう。

どちらの状態にしろ、病院は受診しておいたがいいです。その場ではなにもなくても内臓がダメージを受けている場合があり、時間差で症状がでる場合もあります。

犬ちゃんの熱中症は、日射しの強い暑い日中に起こる病気と思われがちですが、そうとも限りません。、朝方や夕方でも、蒸し暑く湿度の高い日であれば熱中症になる可能性があります。この時期、お出かけなどの機会が増えると思いますが、防げる事故を予防して夏を乗り切りましょうね。