子宮蓄膿症

今日も暑いですねsun

先日、陰部より膿が出ていると来院した犬ちゃん。未避妊の女の子で生理中とのことだったのですが、多陰多量、食欲不振などもあったので、子宮蓄膿症を疑いました。

子宮蓄膿症は未避妊の中年齢5、6歳によく見られる子宮の中に膿がたまってしまう細菌感染症です。陰部より排膿する開放型と子宮内にたまる閉塞型があります。

症状としては

多飲多尿

腹部が膨らむ

食欲不振

元気消失

発熱

嘔吐、下痢

などの症状があります。

症状が進んで子宮から膿がお腹の中に漏れてしまうと、腹膜炎をおこしたり、腎不全、敗血症をおこしてなくなってしまう事もあります。

治療は手術で子宮、卵巣を摘出することです。内服薬で一時的に反応し、良化することもありますが、再発しやすいのでお勧めできません。

この病気は避妊手術をする事によって防げる病気です。また初回の生理が来る前に避妊手術を行えば、乳腺腫瘍の発生を予防することが出来ます。

避妊手術を行っていない場合では生理の周期や日数などに変化がないか、いつもと違う症状は出ていないかを日ごろからチェックしましょうね。