逆さまつげ

ここ数日、少し暑さがひいていますが、まだまだこれからも残暑は厳しいですよね。暑さに負けない生活を心がけましょうね。

さて、今日は逆さまつげについてかいて行こうと思います。

逆さまつげは瞼が内側に巻き込んでしまっているために睫毛が目の表面(角膜)に刺さってしまう状態です。涙や睫毛が刺さることで結膜炎、角膜炎を起こしてしまいます。

先天的に瞼が内側にかぶっている場合がほとんどですが、外傷や後天的に内反してしまうという場合もあります。また一部のまつげのみが内側に生えてしまう場合もあります。

治療としては内側に生えている部分のまつげを抜くというのが基本ですが、構造であまりにもまぶたが内側に巻き込んでいる場合は手術で瞼の皮膚の一部を切り取るという選択肢もあります。

なんとなく瞬きが多く涙が多いという場合には逆さまつげが原因かもしれません。

一度動物病院に相談してみてくださいね。