猫ちゃんのワクチン接種部位

猫ちゃんのワクチンを接種した後に副作用としてしこりが出来る場合があります。これをワクチン接種部位肉腫といいます。犬ちゃんでも出来ることもあるのですが、主に、猫ちゃんに起こる病気と言われています。

注射をうってから遅いと数年後に発生することもあります。 確率的には1000~10000頭に一頭とまれな腫瘍です。

この腫瘍は線維肉腫と呼ばれるものが大半ですが、悪性の組織球腫、平滑筋肉腫、横紋筋肉腫、骨肉腫など、さまざまなモノがワクチンを接種後にしこりとして認められています。

ワクチンもいろいろと種類があるのですが、主に白血病ワクチンと狂犬病ワクチンで猫ちゃんはこのワクチン接種部位肉腫を起こす確率が高いです。

腫瘍はワクチンを接種した部位から広がっていくために、猫ちゃんのワクチンは首ではなく、後肢に打つようにしています。万が一腫瘍が発生した場合には外科的に大きく切除しなくてはいけないので、もし首にワクチンを接種して発症した場合、取りきれない事が出てくるためです。

アステールでは3種混合ワクチンの場合(白血病ワクチンが入っていないもの)も後肢にワクチンを打っています。そしてワクチン接種後はお家でよく様子を見るようにお話しています。

この肉腫を起こさないようにするためには、

白血病ワクチンを打たない環境を作る→室内飼育をおこなう

そうすれば、白血病に感染する事はありませんよね。もちろん同居の猫ちゃんに白血病の猫ちゃんがいる場合には話は別ですが。

このお話で3種混合ワクチンの接種を控えるオーナーさんが出ては心配です。副作用の率としては発現は低く、伝染病を予防する意味ではワクチン接種はとても重要です。病気の発生率は未だとても高いので、ワクチンを接種することで、命が救われる猫ちゃんもたくさんいるはずです。

ただ、オーナーさんとしては予防で注射したのに、結果として病気を作ってしまったという事はとてもショックだと思います。そのためにも知識として知っておいていただきたいと思い、ブログにしてみました。

ワクチンで不安な事がありましたら、獣医師に相談してくださいね。