猫風邪

この時期、目やに、鼻水、くしゃみといった症状をだして来院する猫ちゃん、多いです。多くは子猫ちゃんなのですが、成猫ちゃんでもこの時期になると調子が悪い、という場合もあります。

原因としては主に、ヘルペスウイルス、カリシウイルスといったウイルスが原因です。それにともない、二次的に細菌感染してしまうと症状がさらに悪化します。

特に3種混合ワクチンの摂取を行なっていない外猫ちゃんからの接触・飛沫・空気感染が多いので、おうちの猫ちゃんを外に出さないことが重要なのはもtろん、飼い主さんも外猫ちゃんに近づいたり、触ったりしない方がいいです。飼い主さんが外猫ちゃんと遊んだ際にウイルスを皮膚や衣服に付着させ、自宅に戻り、おうちの猫に間接的に感染させる事も少なくありません。

元気で健康な猫ちゃんを飼われた場合には適切な時期、回数のワクチンを打つことが重要です。もし、すでに目やにや鼻水の症状を呈している場合には治療が優先です。

治療は主に対症療法になります。二次感染予防の抗生物質の点眼や内服、点滴などをおこないます。またインターフェロンといって、自分の免疫力をあげる薬があり、これがウイルス疾患に有効と言われています。インターフェロン注射は感染初期の投与が重要です。

目やにや鼻水といった症状があらわれたら、ちょっと様子を見ようではなく、すぐ病院で受診をお願いします。