会陰ヘルニア

ヘルニアと聞くと、人間ではすぐに腰?首?と思い浮かべますが、犬ちゃんでは会陰ヘルニアも結構病気としては結構多いです。

会陰ヘルニアは肛門の外側、太ももとの間の筋肉が薄くなってしまったり、筋膜がやぶれてしまったりして穴が開き、そこから腸、脂肪、膀胱などが、入り込んでしまう病気です。

これは、会陰部の筋肉が弱くなることによって起こりますこの脆弱化にはや腹圧の上昇や筋力の低下を引き起こすような病気などが関係していると考えられていますが、不明な部分も多いです。しかし、去勢をしていないオス犬に多いので、男性ホルモンに関連していると言われています。会陰ヘルニアは5歳以上のオス犬に多く見られます。

腸がその場所に入ってしまうと、動きが悪くなり、便秘をお越したり、通過障害から下痢便のみが出てくるといった症状があります。また膀胱が入り込んでしまうと、排尿困難になり、排泄のポーズをとっているのに出ないといった症状も出てきます。出たり入ったりしているうちは問題ないのですが、このまま臓器が戻らない状態で血流が悪くなってしまうと、壊死してしまうこともあります。

治療としては、手術によって、出ている臓器をもとの場所に戻し、穴のあいた部分を塞ぐ手術を行います。去勢していない犬の場合は再発しやすいため、会陰ヘルニアの治療と同時に去勢手術を行うことがすすめられています。

ただ、高齢になってからは一概に手術が行えるか、というリスクも伴います。心臓病や腎臓病などを併発している場合には手術が行えない場合もありますので、内服薬で便秘の管理を行ったり、食事を変えたりする必要があります。

おかしいなと思ったら、早めに病院に相談してくださいね。