横隔膜ヘルニア

今日は猫ちゃんの横隔膜ヘルニアについて書いていきます。

横隔膜は心臓や肺がある胸と胃や腸などの腹部を分ける仕切りの役目も果たしています。

この横隔膜が敗れてしまうと、胃腸が胸に流れ込んでしまい、呼吸が辛くなってしまったり、胃が胸のところで挟まれて、消化しにくくなり、嘔吐してしまったりといった原因になります。

原因は

  • 外傷性横隔膜ヘルニア
    事故などによる外傷で後天的に横隔膜が裂けてしまったもの
  •  

  • 腹膜心膜横隔膜ヘルニア
    先天的に心臓を包む膜(心膜)が腹腔とつながってしまったもの
  •  

  • 食道裂孔ヘルニア
    横隔膜の中で食道が通る孔(食道裂孔:しょくどうれっこう)に異常があり、そこから腹部の食道や胃の一部が胸腔内に入り込んでしまうもの
  •  

    があります。

    先天性の場合、特に症状を示さずに気づかないこともあり、たまたまレントゲン検査の時に判明ということもあります。

    外傷性の場合には傷を負った直後にショック症状(可視粘膜の蒼白化ないしチアノーゼ、頻呼吸、頻拍など)が見られることがあります。

    何らかの理由で治療されなかった場合には、努力性の呼吸や体重減少がある場合もあります。

    先天性の腹膜心膜横隔膜ヘルニアでは、普段は特に目立った症状が見られないこともあれば、時折、上記のような症状が出てきたり、発育不良が見られたりすることがあります。

    外傷性横隔膜ヘルニアでは、外傷直後でショック状態を示している場合や、重篤な症状を起こしている場合には、猫の状態を安定させることが最優先となります。

    ある程度、状態が安定したあと、胸腔内に入り込んだ臓器を元の位置にもどし、裂けた横隔膜を修復する外科手術を行います。

    時間がかなり経過し、横隔膜ヘルニアの目立った症状があまり見られないものでは、経過観察となることもあります。


    先天性の腹膜心膜横隔膜ヘルニアでは、ヘルニア部分が小さく症状がない場合や、高齢で偶然見つかった場合などは、手術せずに経過観察や内科的治療を行うことがあります。

    しかし、年齢が若く、ヘルニア部分が大きかったり、症状が重かったりする猫では外科手術が適応となります。