犬の膵炎

すい臓は胃、腸、肝臓の間に挟まれており、それぞれの臓器と密接に関わっています。

膵炎はその名前のとおり、すい臓が自身の分泌液で炎症を起こすことを言いますが、嘔吐、下痢などの胃腸炎や肝炎、消化器の腫瘍などが原因で、二次的に膵炎になる場合もあります。

またホルモン疾患、例えば副腎皮質機能低下症や寄生虫感染など、免疫力が弱っている時にも発症しやすいです。急性膵炎では

急性膵炎では発熱や元気・食欲の低下、腹痛、浅速呼吸、嘔吐や下痢、脱水などがあらわれます。

重症の場合には、呼吸困難やショック症状を示すことがあり、命に関わることもあります。

慢性膵炎の場合、程度は軽いものからおこり、特に気にしていなかったけれど、念のため検査してみてわかるということもあります。

犬種ではミニチュア・プードル、ミニチュア・シュナウザー、コッカー・スパニエル、ウェスティ(ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア)などに発症率が高いといわれています。

膵炎の治療は内科的治療が主で、輸液療法で水分、電解質を補正するとともに制吐剤や鎮痛剤、抗生剤などの投与を行います。

以前は絶食をさせて、休ませるといった考え方が一般的でしたが、現在では嘔吐が泊まりしだい、なるべく早く食餌を取らせることが回復につながるとされています。

症状や性格によっては入院中になかなか食べてくれない犬ちゃんもいるため、チューブで流動食を投与することもあります。

膵炎は急性以外だとなかなか一般的には気づかないままで重症化してしまうこともあるかもしれません。日頃から規則正しい時間と適切な量のご飯をあげるようにしましょうね。