猫パルボウイルス感染症

今日は猫ちゃんのウイルス疾患についてのお話です。

パルボウイルスによる病気で、猫伝染性腸炎、猫汎白血球減少症と言われます。

成猫ちゃんでは感染しても、ほとんど無症状ですが、まれに急性腸炎と白血球の減少が見られることがあります。

一方、子猫ちゃんの感染では、急性腸炎を起こし、40度の高熱、食欲不振、持続的な嘔吐、下痢などの症状を起こし、脱水して衰弱してしまいます。

下痢は激しく、水様性~粘液性で血が混じることがあります。

胎子や新生子のうちに感染した場合は、中枢神経や胸腺が障害を受け、運動失調や震戦(しんせん:ふるえ)などの神経症状が出ることもあれば、新生子のうちに死亡してしまうこともあります。


猫パルボウイルス感染症では白血球の減少が生じることがあり、手当てが遅れると、細菌の二次感染による敗血症などを起こし、死亡することがあります。

感染の経路はパルボウイルスを保有している猫ちゃんの唾液や尿、便などをなめたり接触することによって感染します。

感染力が強いため、人間がパルボウイルスに感染した猫ちゃんのウイルスを別の猫ちゃんへ感染させてしまう為、多頭飼育の場合は隔離し、食器やタオルなども分ける必要があります。

治療は対処療法が中心となり、脱水を改善する点滴や二次感染予防の抗生物質が基本となります。

治療よりもワクチンによる予防が重要になります。

多頭飼育の場合には特に感染を起こしやすくなるため、ワクチンの接種を忘れずに行いましょうね。