胃拡張・胃捻転症候群

こんにちは。獣医師の横田ですhappy01

本日は胃拡張・胃捻転症候群についてお話しさせて頂きます。

この病気は、一気に多量の食餌をとること、また食後の運動やストレスにより、胃の拡張や変位、捻転が起こる病気です。一般的には大型犬に多く、拡張した胃が腹腔内臓器や血管を圧迫することでショックを誘発してしまいます。

症状は、急にお腹が膨らみ、落ち着きのない様子が認められます。また、嘔吐しようとしてもできない、多量のよだれが認められます。

診断は、診察における問診、腹部触診、レントゲン検査などによって行っていきます。

治療は、基本的に胃の中に大量に貯まったガスを取り除くことです。状況によっては、捻転した 胃を正常な位置に整復して、再度捻転がおきないように、胃を腹壁に固定する手術を行うこともあります。

十分な治療をしても死亡率は高いため、迅速な処置が必要です。

食事の取り方(一気に食べてしまう子は、何回かに分けて与える)に気をつける、食後に運動させないなどに気をつけて予防していくことも大事です。

何か気になることがあれば、ご相談くださいねsign03