腎不全のお話

こんにちは。獣医師の横田ですhappy01

今日は腎不全についてお話させて頂きます。

腎臓は、体内の老廃物や毒素を尿として排泄するほか、骨の代謝、造血、体液の平衡状態の維持などを行っています。

腎臓の機能の80%以上が障害されると、異常な症状が認められるようになり、この状態が腎不全であります。腎不全が進行すると、尿として体外に排泄されるべき毒素が十分に排泄されなくなり、色々な症状を示します。

腎不全には、急性と慢性とがあり、原因がそれぞれ異なってきます。

急性の場合は、短時間で死亡してしまう危険が高いため早急な治療が必要になります。慢性の場合は病状が進行してこないと症状が出てこないのと、特効的な治療が無いため、早期診断、早期治療が重要になってきます。症状としては、食欲不振、嘔吐、下痢、貧血、尿毒症の状態になると痙攣などが現れることもあります。

診断としては、血液検査、尿検査等、状況によっては、他疾患の除外のための全身的なスクリーニング検査(血液検査、超音波検査)も必要になることもあります。

検査や費用などご相談しながら、治療方針を決めていくことになります。

病気を患ったわんちゃん、ネコちゃんが少しでもご飯を食べてくれたり、元気になってくれたりすると嬉しいですよhappy01

たとえ、一生一緒に付き合っていく病であっても、辛いこと、苦しいことがずっと続くより、楽になれることが多い方がいいのかなと考えています。

何か気になることがあれば、ご相談くださいね~