FIP

こんにちは、佐藤です。

学生時代に研究室で研究していた病気、FIP(猫伝染性腹膜炎)についてお話したいと思います。

FIPV(猫伝染性腹膜炎を引き起こすウイルス)はコロナウイルスと呼ばれる属に分類されます。

猫腸コロナウイルスと呼ばれる軽い腸炎を引き起こすウイルスに構造は類似していますが、症状が異なり、FIPVは死に至る恐ろし感染症です。

1歳未満の純潔の猫(特にベンガル)に多発します。

猫のウイルスに対する免疫にもよるのですが、お腹の中に水がたまるWet-typeと肉芽腫ができるDry-typeの2種類の症状に分かれます。

共通の症状としては発熱や食欲低下、体重減少などがあります。

ただ、診断も難しく、特効薬や予防ワクチンも開発途中というのが現状です。

僕は学生時代の研究室で、ウイルスの構造の解析を行うことにより、ワクチンにつながる研究をしていました。

しかし、まだまだ未知のウイルスで難しい感染症です。

少しでも早く治療薬やワクチンが作られることを望んでいます。