自動販売機。

こんにちは大久保ですt-shirtsun

今回は鼻毛の話ではありません。

鼻毛については只今調査中ですので今しばらくご報告をお待ちくださいdanger

 

今日は海を渡った遠い異国の街、トルコ・イスタンブールのお話ですshipmist

トルコと言えば親日国としても有名ですよねfuji

ブルーモスクやカッパドキア、観光地としても人気の高い国だと思います。

そんなトルコで今話題を呼んでいるのが、『野良犬・野良猫にご飯を与える自販機』sign03sign03

 

・・・はてgawk

いったい何のことやら。

 

まず、トルコには野良犬・野良猫がとー・・・・・っても多いらしいのですsign03sign03

イスタンブールを見ただけで推定15万頭!!

街を見渡すと、誰かが置いたであろう水皿があったり、ご飯付きの犬小屋が設置されていたり、町の住民がなんとなーく面倒を見ているのと観光客からのおこぼれで彼らの生活は成り立っているようですriceballjapanesetea

耳に付けられたタグは行政が保護して避妊・去勢手術や予防ワクチンの接種を施した印だそうで。

日本と少しやり方は違いますが、トルコならではの動物愛護の形があるようですflair

そこに登場したのが先ほど申しました『野良犬・野良猫にご飯を与える自販機』なんですねshineshine

仕組みは簡単。

自動販売機にペットボトルなどのリサイクル可能な資源を投入すると別口からペットフードが出てきて、野良犬・野良猫にそのまま提供できると言う訳です。

gohannojihanki.jpgこの自動販売機を開発したプゲドン社は、この機械を無償で設置すると政府に約束したため、現在はイスタンブールの公園や公共の場に多数設置されているそうで、住民からも大変好評を得ているということですhappy01heart

実際トルコに行った経験のあるトリマーの菊地さんに話を聞いたところ、やはり野良犬・野良猫はとても多く、しかもどの子もものすごく人懐っこくて、遺跡に行った時は道案内までしてくれたそう(笑)

kappadokiainu.jpgインドなど他の国で見た子達より体格も体調も良さそうだったみたいですeyeshineshine

 

国によって異なる野良犬・野良猫事情bud

お家でぬくぬく、かわいいお洋服を着させてもらう幸せもあれば、何に縛られる事無く自由気ままに我が道を行くのもこれまた幸せ。

人と同じで、彼らの幸せも色々だなーと思う大久保なのでしたclovershine