ケージレストについて

あけまして、おめでとうございますaries
獣医師の横田ですhappy01
今回は、ケージレストについてお話しさせて頂きます。

わんちゃんやねこちゃんが、手や足を痛めたり、腰を痛めたりした際に、私たちは
『ケージレストして下さいね』ってお話しております。
これって、どんな意味かといいますと、
ケージでレスト(休む)してねということで、
つまりは、安静にしてねっていうことなんです。

このケージレスト、具体的にお話すると、
急性の損傷、炎症が治まるまでの期間、動いてさらに状態を悪化させない様にじっとして頂きます。
じっとするというのは、行動範囲を狭めてなるべく動かない様にすることで、
わんちゃんねこちゃんの入院ケージくらいの狭い所で、しばらく生活していただくのです。
お散歩はもちろんなしで、お家の中もたくさん動けない様に環境の準備をして頂く必要があります。
また、ケージ内の段差などがないように、固い床のままでなく、手足や腰に負担のかからない様に床には柔らかいものを敷いてあげることも大事です。

ケージレストだけでも、症状が改善することも多くあります。
ただ、これをしている間はわんちゃんや猫ちゃんの状態が見えずらいという欠点があります。
状態はこまめに見てあげましょう。

まずは、ケージレストをするべき状態なのかですよねsign02
骨折など、ケージレストだけでは治らないこともあります。
なにか気になることがあれば、お声をお掛けくださいね〜happy01

今年も何卒宜しくお願いいたします。