慢性腎不全

こんにちは、獣医師の佐藤ですhappy01

今回は、「慢性腎不全」 についてお話ししたいと思います。

心臓病や腫瘍と言った病気とならんで、中年齢以降の犬や猫にとって生命を脅かす怖い疾患です。

慢性腎不全の症状ですが、病期(ステージ)により異なり、早期のものは症状がありませんtyphoon

腎臓の障害が進むにつれて、尿量・飲水量が増える、体重減少、食欲不振などが見られるようになります。さらに進行すると体内の不要な物質を尿として排出できなくなり、嘔吐したり元気がなくなります。最終的には尿が全くでなくなり痙攣や昏睡といった神経症状がみられることもあります。

治療は、原因となった疾患の種類や診断時の進行度の程度により異なります。

慢性腎不全は完治することはありませんが、早期に診断し治療を開始することで、生存期間やQOLを改善させることが可能です。

加齢にともなって進行する病気のため、中年齢以降では最低でも年に一回は動物病院で健康診断を受診しましょうflair尿の量、色や回数、飲水量をこまめにチェックすることも大切ですsun