内視鏡検査について

こんにちは、獣医師の横田ですhappy01

今回は内視鏡検査についてお話しさせて頂きます。

吐き気や下痢がずっと続くとかわいそうですよね。

自分だったら・・・とか考えてしまうのではないでしょうか?

こういった場合、お食事をかえてみたり、便の検査をしたり、レントゲン検査をしたり、超音波検査をしたり、バリウム検査をしたりして原因を追究していきますが、

これらをやってもうまく原因がつかめなかった場合、

内視鏡にて消化管の内側に問題がないかをみたり、または少しだけ組織を取って、病理検査として検査センターに出して診断してもらったりすることもあります。

これで診断がつけられることもありますが、これは全身麻酔をかけてわんちゃんねこちゃんが動かないようにして検査をおこなうため、術前の検査が必要になります。

人間のように、健診として内視鏡を行う訳ではありませんが、診断の一助としてこの検査は意味のあるものであるとは思います。

まずは、他の異常がないかを見てから、その検査まで必要な状態なのかを判断していきます。

何か気になることがありましたら、お声をお掛け下さいね~