おなかの虫シリーズ トリコモナス症

こんにちはhappy01獣医師の横田です。

今回は、おなかの虫シリーズとして、トリコモナス症についてお話させていただきたいと思います。

トリコモナス症は、消化管に寄生する寄生虫でジアルジア症と同じような仲間ですが、特に発育状態に

よる違いはなく、栄養型虫体のみとなります。

小腸の中を運動しており、糞便内に栄養型虫体が排出されます。

無症状のことも多く、幼犬では下痢の症状を悪化させる可能性もあります。

感染は栄養型虫体が付いた床や容器などから口に入ることでおこります。

これも新鮮便にて検査を行い、栄養型虫体を見つけます。

治療は駆虫薬になります。

予防としては、糞便を速やかに処理することが大事です。ジアルジアと違うのがシストがいないことで

す。このため、水できれいに洗うことでも予防可能となります。

何か気になることがあれば、お声をおかけくださいね~happy01