ホテルと入院の部屋

こんにちは、冷製パスタの美味しい季節に近づいてきましたね、道林です。

 

今日はホテル・入院室のご紹介です。

まず、犬舎はこのようになっております。お部屋の数は8つ。

ラブラドールレトリーバー等の大型犬が入れる特別室のご用意も1つあります。

上の段と下の段では大きさが異なり、下の段の方が縦長です。

ワンちゃんの体格や性格によって場所を決めています。

 

実際にワンちゃんがお部屋に入る時は何もしていない状態だと床が硬くて痛い為、マットとタオル2枚を敷いてあげます。

汚れたらその都度タオルを変えているので、毎日沢山の洗濯物を回すのです・・・!!

 

↓お部屋に入ったイメージ図↓ 今回も白い犬マネキンに手伝ってもらいました!

(犬舎・上の段)

 

(犬舎・下の段)

 

なんと下の段の部屋は、真ん中の仕切り板の取り外し可能!最大2部屋分まで拡張できるんですよ。

 

 

こちらは猫舎です。

犬舎に比べると1つ1つのお部屋は小さめですね。

部屋数は6つ。

 

↓お部屋に入ったイメージ図↓

(猫舎・上の段)

怖がりさんには扉にタオルをかけて目隠しも。

 

犬舎も猫舎も基本は1つのお部屋に1頭で、入院の子もホテル預かりの子も同じ空間にいます。

同居の子であれば、状況やご希望によってお部屋を拡張したうえで同室が可能な場合もあります。

 

ゴールデンウィークや年末年始はホテルがいつも満室になり、とても賑やかです!

ホテルご希望の場合は、1年以内の混合ワクチンの接種と1ヵ月以内のノミ・ダニ予防薬の投与をお願いしておりますので、お互いの感染を防ぐためにご協力をお願いします。

 

 

道林日記。    

上野の牡丹苑と動物園へ行きました!

牡丹苑は13日までだったので、ギリギリ間に合ったようです。

白・赤・桃色の牡丹がちょうど満開を迎えていました。

友人と「わー綺麗!」を連呼しながら撮影しています。

 

 

 

 

 

牡丹を見た足でそのまま閉園1時間前の動物園へ向かい、話題のパンダを見た後、更に急ぎ足で爬虫類館へ。

途中、ハシビロコウの写真を撮ろうとするものの、このハシビロコウが動く動く・・・

すぐに草むらの奥へ移動されてしまいましたが、歩く姿も可愛いので問題なしです!幸せならOKです!

 


看護師:

道林