ワクチン💉

こんにちは、看護師の程塚です。

 

今回は、皆さんも予防いている混合ワクチンについてお話したいと思います。

混合ワクチンを接種する事によって何を予防できるのか。。。

 

・ジステンパー:犬の伝染力の高い感染症。

                        症状は呼吸器、消化器神経症状。

        感染経路は感染犬との直接接触や鼻汁や唾液などの分泌物、糞便や尿などの排泄物との接触により感染。

 

・犬伝染性肝炎(アデノウイルスⅠ型):肺炎や扁桃炎などの呼吸器病。ジステンパーと鑑別が難しい。ジステンパーの感染経路とおなじ。目が白くないし青白く濁ることもある。

 

・犬伝染性喉頭気管炎(アデノウイルスⅱ型):集団飼育で感染しやすい。ケンネル・コフ。感染犬との直接接触や飛沫感染で、侵入したウイルスは鼻粘膜、咽頭、気管支で増殖する為咳がでる。

 

・犬パラインフルエンザ:集団飼育で感染しやすい。ケンネル・コフの主要病原体のひとつ。

 

・犬パルボウイルス血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型。子犬では突然死をもある。伝染性が強く死亡率も高い。

 

・レプトスピラ病:ネズミから感染する感染症。感染によって腎不全や肝不全が急激に進む。歯茎からの出血や黄疸。人間にも感染する感染病。

 

 

最近では、レプトスピラ病に感染してしまったワンちゃんがいるという情報が入ってきています。

レプトスピラ病はアウトドアで活動するワンちゃんほど感染しやすいのと人間にも感染してしまうので感染から防ぐ為にもワクチン接種をして予防をしっかりしましょう!

 

ワクチン接種はまれに接種後に体調が悪くなってしまう子がいます。

なるべく午前中の診察時間内に接種する事をおすすめ致します。


看護師:

程塚