療法食セミナー

こんにちは、獣医師の星野です。

今週木曜日の休憩時間にロイヤルカナンさんのフードのセミナーがありましたので、皆さまにもいくつかご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介頂きましたのは、ロイヤルカナンのマルチファンクションシリーズ。

これは名前の通り、一つのフードで療法食として多機能を示すフードです!

 

うちの子、尿石症があるんだけど、ダイエットもしたくて。。というわんちゃん・猫ちゃんにお勧めなのはpHコントロール+満腹感サポート。↓これは猫ちゃん用ですね。

肥満や尿石症以外にも、糖尿病や高脂血症、便秘などの疾患にも使用できるそうです。

 

また、猫ちゃんの下部尿路疾患で、尿石症に加えて膀胱炎も併発している子に対して有用な、pHコントロール+CLTがあります。こちらは、従来のpHコントロールに加え、加水分解ミルクタンパクとL-トリプトファンを配合したものです。CLTとは、これらの成分の頭文字からとっているようですね。特発性膀胱炎は、ストレスが原因となることがあり、CLTはストレス緩和(精神安定)に有効な成分のようです。頻尿、血尿がなかなか治らない猫ちゃんにいかがでしょうか。

 

わんちゃんで、尿石症があるんだけど、食物アレルギーだから尿石症用のフードをあげるのもちょっと心配。。という子にはpHコントロール+低分子プロテインという商品もあります。これは蛋白源が加水分解された大豆と、ライスなので、低アレルゲンと考えられます。

 

マルチファンクションではないですが、新しく出たフードのご紹介も♪食物アレルギーのわんちゃんでセレクトプロテイン(ダック&タピオカ)という新奇蛋白食を食べている子もいると思いますが、セレクトプロテイン(カンガルー&オーツ)、(フィッシュ&ポテト)という製品が出ました。↓これはカンガルー&オーツ

皮膚病が改善した、痒みを抑えるために飲んでいる薬を減量できたという子もいるようです!

 

その他にも様々なフードがありますので、試されてみたい方、ぜひスタッフにご相談ください!


獣医師:

星野