猫の膀胱炎

こんにちは、獣医師の佐藤です。

前回、前々回と猫とトイレの話をさせていただきました。

今回は膀胱炎についてお話したいと思います。

飲水量が少ない猫ちゃんや肥満傾向のある猫ちゃん、多頭がいの猫ちゃんは要注意です。

 

猫の膀胱炎の原因は大きく3つあります。

膀胱への細菌感染と膀胱内の結石、あとは実は原因の半分を占める特発性(多くはストレスと言われています)です。

原因の追究には、エコー検査で結石がないか調べたり、尿検査で細菌が出ていないかなどを調べます。

ただ、体質として結石を作りやすい子もいますが、

実は腎臓の機能が落ちていて薄いおしっこになっていたり、糖尿病などで細菌が増えやすいおしっこになっていたりすることもあります。

膀胱炎になれば、頻尿といった症状が出てくるので飼主さんもすぐ異常と気づきますが、

できれば膀胱炎になってしまう前に、尿検査や血液検査をして膀胱炎のリスクが無いかなどをチェックしていただきたいと思います。


アバター
獣医師:

佐藤