熱中症に注意

こんにちは、松尾です。

だいぶ暖かくなってきましたね。

まだまだ梅雨・夏と暖かくなるのはこれからですが、注意しなければならないのが

熱中症!

 

真夏の時より、もっと早い時期に熱中症が起こりやすいって知ってましたか?

暑い日は暑いと認識がありますが、そんなに暑くないと思っていた日でも、予想以上に湿度や室温が高くなり、家にお留守番をしていたわんこ・にゃんこが熱中症にかかることも多いのです。

もちろん、ご老人などの人間も同様です。

通気性が良くなるように扇風機をかけたり、予想気温をみてエアコンしておいたり対策を立てましょう。

また、ドッグランなどのお出かけ(にゃんこさんは大丈夫ですかね。。。)も要注意!

予想以上に地表は暑くなるのです。

お水を飲めるようにちょこちょこ与えたり、冷たいアイスノンを首に巻いたりするのも良いかと思います。

 

今回は対策などを少し書きましたが、

次回は症状や治療などについても書きたいと思います。

ちょうど先日、雑誌の取材にも答えたのでそちらもご紹介しますね。

それでは、また。

 

 

 


アバター
院長:

松尾 英治

獣医師