肥満解消の対策!

こんにちは、看護師の程塚です。

 

今回は、肥満対策についてご紹介します。

 

まずは、日頃の行動をチェックしてみましょう!毎日の生活の中に肥満の原因が隠されているかもしれません。

・1歳の時よりも体重が重い。

・人間と同じものをよく食べる。

・食事やおやつを必要以上にあたえてる。

・ペットの正確な体重を知らない。

・1日の食事量を決めてない。

・歩きたがらない、階段の昇り降りができなくなった。

・おなかのへっこみ、腰のくびれがない。

・避妊・去勢をしている。

 

いくつ当てはまりましたか?ひとつでも当てはまったら要注意です。

 

 

ほんの少しの増加でも実は大きな変化が出ています!!

例えば、3kgのワンちゃんが700g増加し、3.7kgになったとします。

たった700gの増量が人間にとっては58㎏の人が71.5㎏に増える、13.5㎏も増量したことになります。

人間と動物だと増量の仕方が全然違います。

喜ぶからついついあげてしまうおやつ。

人間のおやつを与えることはもの凄いカロリーを摂取してることになります。

ワンちゃんがクッキー1枚を食べると、人間だとハンバーガー1個食べたことになります。

ネコちゃんが魚肉ソーセージ1/3本を食べると、人間だとショートケーキ1個食べたことになります。

 

肥満になると、病気にかかりやすくなってしまいます。

犬・・・【膵炎、椎間板ヘルニア、心臓病など】

猫・・・【糖尿病、尿石症など】

犬・猫・・・【がん、心臓病、関節炎】

 

病気にならないようにする為には、日頃からの食生活が大切です。

考えてダイエットをさせることはとてもいいことですが、ひとつ大きな落とし穴があります。

それは、自己流のダイエット方は健康を損なうこともあるということです。

・急激なダイエットはストレス。

・食事量を減らせばOKではない。

・必要な栄養が十分に摂取できないことも

・ペットに合った食事方法じゃないと効果が出ない

 

ダイエットを考えている方は、お気軽にお申し付け下さい。

その子にあった食事療法を獣医と相談しながら、少しずつ無理のない範囲でダイエットを

おこなっていきましょう!!

 

 

 

 

 


アバター
看護師:

程塚