歯の破折

こんにちは、佐藤です。

今回は歯の破折についてお話したいと思います。

 

人の奥歯と異なり、犬の歯のほとんどは先が尖っているため、硬いものを噛むとその先端の歯が折れることがあります。

特に犬は、上顎の第4前臼歯と下顎の第1後臼歯がスライドするような(上の歯が下の歯を覆いかぶすような)咬合形態のため、ほとんどこれらの歯で噛んでいます。

そのため、骨やひづめ、硬めのプラスチックなど硬いものを噛んだ場合には、特に上顎の第4前臼歯の外側の部分の歯がはがれるように破折することが多いです。

歯が折れ神経が露出している場合には、歯髄炎から根尖周囲の炎症まで波及することがあります。

治療は、神経が露出していない場合は歯冠修復材で修復するか、経過をみます。

神経が露出している場合には神経を抜きふたをするか、抜歯をします。

歯の破折の予防には、犬に硬いものを与えないことが大切です。


アバター
獣医師:

佐藤