これはダメ。その1

こんにちは、看護師の程塚です。

 

今回は、持病を抱えているワンちゃんに対して与えてはいけない食べ物をご紹介します。

 

★消化器系の病気の子

 生キャベツの千切り・野菜類・豆類・いも類・肉類(牛、豚、ラム、鴨)・牛乳など。

 胃腸に刺激を与えたり、食物繊維や脂肪を多く含む食品は避けてください。

 

★肝臓の病気の子

 レバー・うなぎ・しらす・鮭・煮干し・さんま・添加物を含む加工食品全般など。

 病気の種類によっては、高脂肪食も悪化を招くので要注意です。

 

★膵臓の病気の子

 肉類(ひき、豚バラ、ベーコン、ハム、ソーセージ)・卵黄・生クリーム・洋菓子など。

 過去に膵臓病を患ったことのある子は、回復してからも健康維持の為に低脂肪食を続けることが重要です。

 高脂肪食品は✖。

 

★腎臓の病気の子

 煮干し・するめ・干しエビ・レバー・ししゃも・卵黄・ごまなど。

 リンの多い食事が病態の悪化に影響し、寿命を縮めます。肉、魚のほかにカルシウムを多く含む食品にも

 リンが多く含まれるため注意が必要です。

 

 

今回は、ここまでにし次回は皮膚病、心臓病、がんの子に対して与えてはいけない食べ物をご紹介したいと思います。

 


アバター
看護師:

程塚