新型コロナウイルス

 これまで(2020/03/31時点)ペットにおいて新型コロナウイルスが発見されたのは世界中で3件で、最初の2件が香港の犬で、今回ベルギーの猫で感染報告がありました。 そういった報道から、「コロナはペットにもうつるの?」という質問を多く受けます。 そもそもコロナウイルスとはなんでしょうか? コロナウイルスにも様々あり、アルファおよびベータコロナウイルスは通常哺乳類に感染し、ガンマおよびデルタコロナウイルスは通常鳥類や魚類に感染します。犬で軽度の下痢を起こす犬コロナウイルスおよび猫伝染性腹膜炎 FIP の原因となりうる猫コロナウイルスは、いずれもアルファコロナウイルス属であり、これらのコロナウイルスは今回の発生には関係がありません。  今回のベルギーの猫については、新型コロナ感染者が発病して1週間後に猫も調子を崩し、下痢・嘔吐・呼吸障害がみられたそうです、そして便からウイルスが検出されたとのことですが、この症状が本当に新型コロナに関連したものなのかは不明です。  では本題の人から犬猫に感染するかですが、そもそも感染者がいる汚染環境内では、環境中のプラスティックや金属などの「もの」と同じに、付着したウイルスが最大数日間生き延びるということも可能でしょう。そこで検出されたウイルスを感染と呼ぶかは不明です。 結局「分からない」としかお答えできない状況なのです。。。。 しかし一番大事なのは、私達人間(飼い主)が感染しないようにすることではないでしょうか。 ワンちゃんネコちゃんが感染源になることは今のところ考えられてはいません。 新型コロナウイルスは人から人に感染しています。 しかし念のため、ワンちゃんの散歩は他人や他のワンちゃんとの接触を避け、ネコちゃんは外に出さない方がいいと思います。 もし、飼い主である私達が感染した時、ワンちゃんネコちゃんの世話はどうするのか、誰に頼めるのか、もう一度考えてみてください。

アバター
獣医師:

藤野