シャンプー

最近天気が晴れたり、雨が降ったり変わりやすいですね。こんな季節は皮膚のトラブルが多いです。

トリミングサロンでシャンプーを行う方も多いと思いますが、今日はおうちでのシャンプーの方法について書いてみたいと思います。

健康なわんちゃんは初年度のワクチンが終わって1~2週間体調のいい時から始めます。頻度としては特に皮膚のトラブルで治療というわけでなければ3~4週間に1回のシャンプーshineでいいと思います。

シャンプーする際に注意することは、シャンプーが目に入らないようにする、お湯が耳になるべく入らないようにすることです。また耳にお湯が入ってしまった場合は、コットンで拭くようにします。入らないようにコットンを耳に入れておくのもいいと思います。顔のシャンプーが不安な方はスポンジにシャンプー剤を付けて優しく拭くように洗うのもいいと思います。

シャンプーに必要なもの
シャンプー液、コットン、タオル、ドライヤー

濡れてもいい服装に着替える

シャンプーする前にブラッシングをする
↓ブラッシングをしないと毛玉がとれず、シャンプー後に皮膚病の原因となります。

36~38℃ぐらいの少しぬるめのお湯で、足先から濡らしていく
↓シャワーをいきなり勢いよく出すと驚いてしまうので、ゆっくriあまり音が出ないようにします。
徐々に上部を濡らしていく

シャンプー液を手に取り、よく泡立ててから体につけて、爪をたてずに指の腹で皮膚の部分をマッサージする
↓ シャンプー液は犬用のものを使います。犬の皮膚のタイプによって種類も様々です。
シャンプー液が残らないようにしっかりすすぐ
↓シャンプー液が残っていると皮膚病の原因になります。特に脇、股、指間には残りやすいので↓しっかり流してあげて下さい
タオルで水分をとってから、ドライヤーで充分に乾かす
被毛だけでなく皮膚の表面も充分に乾かすようにします。

シャンプー剤選びは最近色々な種類が販売されていますよね。どれにしようか迷うという方は病院でも日ごろのスキンケアにおすすめのシャンプーがありますのでご相談下さいhappy01