結膜炎

目がしょぼしょぼすることがあると来院した猫のTちゃん。良くなったり、また悪くなったりを繰り返していたそうですが、今回少し結膜が充血して腫れていましたweep

結膜炎を発症すると、結膜が充血し、赤く腫れて、かゆみや痛みをともなうため、目を前足でこすったりします。このほか、涙を流して目のまわりが濡れたり、目やにが出て、目の周囲が汚れたり、まぶたがくっついて目が開かなくなったりすることがあります。結膜炎に角膜炎が併発することがあり、この場合は、涙の量がかなり増え、痛みのために目をしょぼつかせたり、頻繁にこすったりする動作が見られるようになります。また、ヘルペスウイルスなどによる呼吸器症状から結膜炎を発症した場合は、目の症状だけでなく、くしゃみや鼻水といった呼吸器症状も見られます。

結膜炎は、おもに猫ウイルス性呼吸器感染症、猫カリシウイルス感染症や、ヘルペスウイルスなどのウイルス感染、クラミジア感染、マイコプラズマ感染が引き金となって発症します。また、目にゴミやホコリなどの異物や、なんらかの刺激物が入って結膜や角膜が傷ついて起こることもあれば、アレルギーから起こる場合もあります。

治療はおもに点眼剤による治療が行われます。クラミジアなどの細菌が原因の場合は抗生剤の点眼剤を投与します。ウイルスがメインの場合は抗ウイルス剤、インターフェロンの点眼などを使います。

そして予防で重要なのはワクチンを定期的に接種することですsign03

子猫ちゃんを飼った初年度だけはやったけど・・・・大人になってからはやってないなあ~というオーナーさん、たとえ室内飼いでもウイルスはどこからやってくるかわかりません。予防のために定期的なワクチンをオススメしますflair