猫パルボウイルス感染症

今日も寒いですね。今日はネコちゃんのウイルス病の一つ、そして恐ろしい病気のパルボウイルス感染症についてのお話です。

猫パルボウイルスに感染すると、成猫の場合はほとんど無症状ですが、まれに急性腸炎と白血球の減少が見られることがあります。子猫の場合は、急性腸炎を起こし、食欲不振、元気消失、40〜41℃の高熱、持続的な嘔吐と下痢が認められ、その結果、激しい脱水を起こします。

嘔吐した場合、胆汁(黄緑色)を含んだ液状の吐物が見られます。また、下痢は激しく、水様性〜粘液性で血が混じることがあります。胎子や新生子のうちに感染した場合は、中枢神経や胸腺が障害を受け、運動失調や震戦(しんせん:ふるえ)などの神経症状が出ることもあれば、新生子のうちに死亡してしまうこともあります。
また白血球の減少が生じることがあり、手当てが遅れると、細菌の二次感染による敗血症などを起こし、死亡することがあります。

原因として、すでにこの病気に感染している猫ちゃんの排泄物(尿や便、唾液など)中には猫パルボウイルスが含まれているため、触れ合ったり、その排泄物をなめたりすることで感染が起こります。また、猫パルボウイルスは外界で1年以上も生存できるため、環境中のあらゆる場所に存在する可能性があります。このため、感染猫と直接接触していなくても、感染猫が触れたケージやブラシ、飼い主の衣服などから感染が起こる可能性もあります。

治療法ですが、猫パルボウイルスに直接効果がある薬剤はありません。このため、対症療法が主体となります。下痢や嘔吐などにより脱水症状を起こしている場合は、輸液療法、ほかの感染症にかかるのを防ぐために、抗生物質を投与する場合もあります。

多頭飼育の場合は、感染拡大を防ぐために感染した猫ちゃんをを隔離して、食器やトイレ、猫用ベッドなどは塩素系消毒剤などを用いて消毒する必要があります。

猫パルボウイルス感染症の予防には、ワクチン接種が有効です。子猫を飼い始めたら、すぐに動物病院で健康診断を受け、ワクチンを接種する時期や回数について相談してくださいね。大人の猫ちゃんも、年に1度のワクチン接種を欠かさずに行いましょう。