膀胱結石

血尿、頻尿が続いていると来院したネコちゃん。おしっこの検査をすることになりました。

ちょっと臆病なため、ケージから出そうとすると威嚇annoyなんとかなだめ、無事おしっこをとることが出来ました。そしてエコー検査で膀胱に石がないか、膀胱の形は崩れていないか、などをチェックすることが出来ます。

このネコちゃん、おしっこに細菌はいなかったのですが、大きな石が膀胱の中にありました。この石によって膀胱の粘膜が傷つけられ、血尿をおこしていたのでした。

結石にも種類があり、おしっこ中のPHによって出来やすい石が変わってきます。治療として処方食を食べることで石が溶けていくものもあれば、食事では解けない石もあるので、成分を確認し、溶けないものであれば、膀胱洗浄をしたり、外科手術で結石を取り出す必要があります。

膀胱炎の場合、まずは内服薬を飲んでもらい、トイレを清潔にして、新鮮なお水をよく飲んでもらう環境を作ることが大事です。猫ちゃんはストレスでおしっこを我慢してしまうことが多いので、多頭飼いでトイレの数が少なかったり、トイレだけ寒い場所にあったり、お水の量がすくなかったりすると、膀胱炎を起こしやすくなります。

ウンチは数日でなくても命にかかわることはないですが、おしっこの場合24時間出ていないと尿毒症を起こし、命の危険があります。排泄は健康のバロメーターですので、いつもと違うなとおもったら、すぐに病院に相談してくださいね。