抜歯

今日は一時、大雨rainでしたね。みなさん、体調はくずしていないですか?

以前から頬より膿が出ていた犬ちゃんが抜歯の手術で来院しました。歯の一部欠けていて、そこからばい菌が入り、頬の方まで道(瘻管)が出来てしまったことが原因でした。

2週間ほど抗生物質を飲んだのですが、なかなか膿が減ってこない状態で、飼い主さんと相談し、根本的な悪い歯を抜くことと、膿の出ている瘻管を洗浄し、悪い皮膚を取り除く手術を行うことにしました。

歯の表面は欠けてはいるのですが、根はしっかりしているので、抜歯も一苦労です。この悪い歯は根が3本生えているため、分割しながら抜いていかないと、力任せにやってしまい、途中で折れてしまうといったことも発生します。根の途中で折れた状態ですと、また歯肉が炎症を起こす可能性もあるため、しっかり根の最後まで抜歯することが必要になります。

歯を抜いた後に頬から歯まで洗浄する管を入れてみたら、見事につながっていましたwobbly洗浄を繰り返していくうちに膿がたくさん出て、きれいになりましたshine皮膚の悪い部分も切除して縫合し無事終了。麻酔後も順調に目覚めて、落ち着いていました。

しばらくは抜いた部分の歯肉が腫れてしまったり、違和感で少しごはんが食べずらいこともあるかもしれませんが、だいたい1週間もすれば落ち着いてきます。

この犬ちゃん、とてもお利口さんでかわいい犬ちゃんでしたheart04これからさっぱりして、ごはんも痛がらずに食べられるようになるといいと思います。