胃腸炎

ここ数日、日中は暑い日が続いていますね。今まで涼しかったのに急に暑くなると体調を崩しやすいですよね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいのは犬ちゃん、猫ちゃんも同様です。なんとなく元気がなかったり、嘔吐や下痢を起こすといった症状での来院が増えています。

お話しを伺うと、特にごはんの種類や量、生活を変えていないのに急に調子がおかしいという犬ちゃんが結構多いです。

ただ、普段からドッグフードのほかにいろいろおやつをもらっていたり、拾い食いをしてしまう癖があったりというと、何が原因かわからなくなってしまいます。

人間の食べ物を食べるのが悪いわけではないのですが、バランスが非常に重要です。また、味付けしてある料理やハム、チーズなどの加工食品などを頻繁に与えていると、ドッグフードを食べなくなるばかりか、病気を引き起こす原因となり、治療や予防でいざ、ごはんを変えようとすると食べないといった問題も出てきます。人のごはんをあげるのであれば、基本は味付けをしないそのままの素材を煮たり、ゆでたりしたものがいいと思います。生野菜や果物は消化が悪いので、欲しがるだけ与えるのではなく、一日にあげる量をきちんと決めてあげましょうね。

欲しがるのをあげないとかわいそうという言葉をよく聞くのですが、欲しいままにあげて病気をすることの方がかわいそうです。吠えればもらえると学習すればどんどんエスカレートする場合もあります。人が毅然とした態度をとっていく必要があります。

少し趣旨がずれてしまいましたが、規則正しい生活を行い、暑さに負けない体調を整えましょうね。