凍結治療

今日は激しい雨ふりですね。午後から落ち着いてくれるといいのですが。

先日、耳のイボが大きくなって、出血していると来院した犬ちゃん。大きさは1cm弱で、かなり大きくなってきており、ちょっと触るだけですぐ出血し、耳の穴が血だらけになって困っていたとのこと。

実は外耳炎もおこしており、耳の掃除も必要で、耳掃除のたびにイボから出血してオーナーさんもなんとかしたいと悩まれていました。

本来なら麻酔をかけて切除しないといけないのですが、高齢という事もあり、ためらっていらっしゃいました。

相談し、凍結治療を試してみることに。これは人間のウオノメを治療するときと同じで液体窒素を塗布し、細胞を壊死させるというもの。これなら麻酔の必要はありません。が、耳のデリケートな部分でもあり、正常な皮膚部分にはよくないものですので、じっとしていられるか、不安な部分もありました。

やはり少し動いてしまって、なかなか難しかったのですが、なんとか、頑張ってくれた一週間後の写真(使用前の写真も撮っておけばよかったのですが・・・・)

 

DSC_0049.JPG

見た目は黒く、変化ないように見えますが、全く出血しないとオーナーさんも喜んでいました。イボも多少小さくなって、一部は正常部分からはがれてきていました。

この治療は1回では終了せず、2,3週間おきに3,4回治療に通っていただく必要があります。処置時間はだいたい10分くらいで終了します。

目のふちや耳の中の方は麻酔なしでは出来ないのですが、他の部分であれば、麻酔をかけずに出来るので、イボ切除にはオススメです。

今まで切除したいけど、麻酔は嫌だな~と思われていた方はご相談ください。