歯科

 今日は蒸し暑いですねsunこれから暑くなるらしいので、体調をくずさないようにお気を付けくださいね。

最近、また歯石除去が多く、ほとんど毎日のように行っています。

健康診断などで全身を診察するのですが、結構歯石がついている犬ちゃんが多いです。中には歯肉がかなり赤くなって、炎症を起こし、歯も揺れていて、腐敗している場合もあります。

歯石除去は全身麻酔をかけないとできないので、歯石の為に麻酔がかわいそうという気持ちもわかりますが、抜歯をしなくてはいけない状況まで待つのももっとかわいそうな気がします。

口臭がひどい、くしゃみ、顔が腫れるなどの原因の多くはこの歯石による細菌の影響が多いです。顔が腫れるまでの症状が出ると、犬歯の根の部分が化膿している場合があり、抜歯の確率も上がってしまいます。

ちなみに先日の犬ちゃんの歯石除去前後の写真です。 IMG_1143.jpg

写真では見づらいかもしれませんが、犬歯から奥歯(臼歯)にかけて歯石が結構ついています。

 

IMG_1160.jpg

終了後の写真です。すっかりピカピカです。

この歯の状態を維持するにはやはり地道に歯磨きをしたり、歯石がつきづらいごはんを食べたり、歯磨きガムなどをあげるという毎日の努力が必要です。

歯磨きも今は歯ブラシのタイプから軍手のようなもの、スプレー式の歯磨きジェルなどなど、種類も増えました。アステールでサンプルもありますので、子犬ちゃんのきれいな歯のうちからの歯石予防をやってあげるといいと思います。