結膜炎

まだ小さい子猫ちゃん。

目やにがひどく、結膜炎で来院しました。

同居の猫ちゃんもまだやんちゃな子猫ちゃんなので、二人でじゃれあうこともあるということ。

猫ちゃんの爪はばい菌が多いので、間違って目を傷つけてしまうとひどくなってしまうことがあります。

子猫ちゃんの場合、、猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、クラミジア菌、マイコプラズマなどによる感染症、またはその後の併発によって生じます。

治療は点眼を頻回行うことですが、状況がひどい場合には飲み薬も有効です。そして目をこすって悪化することがありますので、手で目をかいていたり、床や壁に目をこする動作がみられる場合にはエリザベスカラーを付ける必要があります。

一度感染した猫にワクチンを接種しても、ウイルスがワクチンや薬剤の効かない神経細胞内に潜伏して生き延びるため、何らかの病気やケガなどで体力や免疫力が低下した際に、再発する可能性があります。

だから、ワクチン接種が意味がないかというとそういうわけではありません。ワクチン接種によって、悪化を防ぐこともできますし、ワクチンを打つことによって悪化するということもありません。多頭飼育をしている猫ちゃんは特に年に一度の接種をしましょうね。