インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは患者が医師から治療法などを「十分に知らされたうえで同意」することを言います。

最近ではこの言葉もよく耳にするようになり、一般的になりました。動物病院でも診察時にオーナーさんのお話を聞いたうえで、何を疑い、何を検査するのか、またその結果からどういった治療を進めていくのかを説明しながらオーナーさんと相談していきます。

文章にするととても簡単なのですが、実際にこの作業というのはとても難しいです。説明する側の意図がオーナーさんにうまく伝わっていなかったり、理解しにくかったりという事がよくあります。伝えたつもり、説明したつもりであっても実際のところはよくわからなかったけど、質問しづらかったとあとで聞くこともたびたびあります。

また、治療法のメリット、デメリットを説明していくと、どれにしていいのか決められないというオーナーさんもいらっしゃいます。全ての方に同じやり方でやることはできないなあと日々痛感しています。

こちらとしては早く治療しないと危ない(=命にかかわる)と伝えているつもりなのですが、食欲があって、見た目が異常ないと様子を見てしまい、末期症状の具合が悪くなってから手術をして、残念な結果になるということも少なからずあります。

動物病院スタッフと、オーナーさんとが信頼関係を築いて行くことが重要なのかなと思っています。解りやすい説明やリラックスできる環境づくり、そして、オーナーさんが質問をしやすい環境を作ることも必要だと思います。

これからも日々スタッフ一同犬ちゃん、猫ちゃんの健康に努めていきたいと思っています。獣医師に聞きづらいな~と思う事でも遠慮せずに質問してくださいね。