院内セミナー

先日、ロイヤルカナンという、ペットフードではよく名の知れた会社の方に病院へ来てもらい、主に処方食についてのセミナーを行ってもらいました。

毎年毎年、様々な処方食が発売されており、なまえも似ていたり、あれ?これとこれはどう使い分けるのだったっけ?ということもあったので、整理されてよかったです。

そのなかでも最近(ちょっと前になってしまいますが・・・)発売された、アミノペプチドフォーミュラというフードがあります。これは、食物アレルギーによる皮膚疾患や過敏性腸炎を起こす犬ちゃん用に作られたフードです。

食べ物のなかのタンパク質を食べると、体の中でそのタンパク質が異物と判断し、皮膚や腸で疾患を起こすのがアレルギーです。そのタンパク質を分解するとアミノ酸になります。アミノ酸レベルまで分解してあげると、アレルギー反応は起こりません。

今までの処方食にもこのアミノ酸に分解していたフードはあったのですが、このアミノペプチドフォーミュラは均一なアミノ酸の大きさのレベルにすることに成功したそうです。

ちょっと文章だとわかりづらいかもしれませんが、アミノ酸にも大きさがいろいろあり、その大きさを一定にするには技術も労力も必要です。

今までどのご飯を食べてもイマイチという犬ちゃんにはこちらを試してみてもいいのかなと思いました。フードの費用はほかのどのフードよりも高価です。フードでこんなに高いのsign02とびっくりされる方も多いですし、実際スタッフもびっくりしていたのですが、治療ということで考えていただくと、内服薬やシャンプーの量、頻度が減って、結果的に費用が下がったということもあるそうです。そう考えると試してみる効果はあるのかなと思います。

うちのこにも試してみたいという方はご相談くださいね。