猫結膜炎

猫ちゃんを飼い始めたときに目ヤニがひどくて目が開けられなそうな状態のことがあります。環境として多いのが、外で拾った猫ちゃんの場合。

子猫ちゃんで多い原因として、ウイルス感染があげられます。主にヘルペスウイルス、カリシウイルスが原因となります。それに加え、クラミジア、マイコプラズマといった細菌感染が重複すると症状がより重くなります。ほかにも喧嘩によって、爪で引っかかれたり、や何か異物が目に入ったりすることによっておこることがあります。

結膜炎の症状は軽度であれば、結膜が少し赤く、腫れてる、目ヤニが少し出るといった状態ですが、進行すると、涙を流して目のまわりが濡れたり、ひどい場合には目やにが出て、目の周囲が汚れたり、まぶたがくっついて目が開かなくなったりすることがあります。この違和感のため、前足でこすったりすると間違って爪でひっかいて角膜炎をおこし、さらに痛みが増したり、涙がとまらないといった症状につながっていきます。

ウイルスに感染した場合には結膜炎だけではなく、くしゃみ、鼻水といった症状も出ることがあります。

治療は基本的には目薬ですが、ウイルス感染が原因と考えられる場合には内服薬によって抗ウイルス薬や二次感染予防、治療のための抗生物質で治療します。また、栄養状態も重要ですので、保温としっかり栄養を取らせることが重要です。

なにより、大きな原因となるウイルスによる結膜炎を防ぐために、ねこちゃんの混合ワクチンを必ず接種しましょうね。