歯の破折

猫ちゃんの歯が折れて出血していると来院しました。

歯が折れたり欠けたりすることを破折といいます。ワンちゃんやネコちゃんの歯は、人間の歯と異なり先端が尖っており、折れやすい形をしています。

高齢になってきて、根が腐ってきたり、歯肉が炎症を起こしたりしていると、歯がぐらぐらして、抜けてしまったり、かけたりということがあります。

また硬いものをかじることが好きな犬ちゃんでときどき見られます。破折の多くは歯冠部  (歯肉より上に見えている部分)で起こりますが、歯根部(あごの骨の中にあり、外から見えない部分)で起こることもあります。すべての歯で起こる可能性がありますが、特に第4前臼歯と犬歯での発生が多いようです。

食事やおやつを食べる際に「痛がる」「食べづらそうにしている」といった症状が出ることがありますが、破折のみで症状を伴わず気付きにくいこともあります。
歯の内部には歯髄といって、血管や神経の通っている軟らかい組織があります。破折しても歯髄に損傷がなければ、特に症状は見られませんが、破折が大きく歯髄の損傷や露出を伴う場合には、出血や痛む様子がみられることもあります。
さらに、歯髄が露出した部分には感染が起こりやすく、歯根部まで感染が広がって炎症を起こすことがあります。重度の場合には膿がたまって根尖膿瘍(こんせんのうよう)となり、口腔内の粘膜や歯肉、顔面(特に目の下など)の皮膚などに瘻管(ろうかん=穴)を形成して、腫れたり膿汁が排出する場合もあります。上の歯が根尖膿瘍になると、鼻に通じる瘻管が形成されることも多く、膿性の鼻汁やくしゃみが見られることがあります。また、破折した部位には歯石が沈着しやすく、歯周炎を起こすこともあります。

破折の治療には、基本的には抜歯を行います。抜歯は全身麻酔をかけないとできないので、術前に血液検査をしたり、全身のチェックをして他に異常がないか確認してから行います。

普段から硬いものをかませたり、ケージのステンレスをかじってしまうなどの癖がある場合には破折を起こしやすいです。
早期発見、早期治療で歯を温存することが可能な場合もありますので、日頃からお口の中のチェックを心がけましょうね。