股関節の異常

足の付け根の股関節、この部分の関節の骨が変形していたり、関節のみぞが浅く、うまく関節がはまっていないなどの状態を股関節形成不全といいます。

主に大型犬に多く遺伝的な要素も大きい病気です。それ以外でも肥満や激しい運動で起こすこともあります。

犬種ではシェパード、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、バーニーズ・マウンテン、ニューファンドランド、ロット・ワイラー、セント・バーナード、グレート・ピレニーズなどの大型犬でよく見られます。

症状としてはお尻を左右に振って歩く、足を引きずる、痛がる、起きるのを嫌がる、階段の上り降りを嫌がるなどです。

治療はその進行度によります。激しい変形をおこしている場合には外科手術を選択しますが、軽度であれば、痛みを抑える内服薬や注射、最近では関節液を増やすと言われている注射薬もあります。

また悪化させないように、体重管理をして肥満に気をつけたり、激しい運動を控えたりといったことも必要になってきます。

この病気は先程も書きましたが、遺伝的要素が大きいため、股関節に重度の異常がある場合には繁殖は諦めたほうがいいと思います。

生後半年前後で歩き方や行動がなんとなくおかしいなと感じたら、動物病院で受診してくださいね。