去勢手術

犬ちゃんを飼われて、数ヶ月、ワクチンも終わったし、予防はもう終了。次は・・・・?

ということで、避妊、去勢手術に迷われる方も多いと思います。

今日は男の子の手術、去勢手術について書いて行こうと思います。

猫ちゃんと違って、去勢手術をしないとおうちで飼えないというほどの問題行動になることが少ない為、去勢手術はしない、わざわざ麻酔かけて手術なんてかわいそう、という意見もあります。

なぜ、去勢を動物病院がおすすめするかというと、

病気を未然に防げる

というのが大きな意義だからだと思います。

またオスはメスの発情周期(生理)によって発情しますが、特に繁殖を望んでいるわけでもないのに、発情だけはするという状態はいかがなものかなと思います。

さて、先ほどの病気予防というお話ですが、具体的にどんな病気を防げるかというと、

精巣炎、腫瘍

前立腺肥大

肛門周囲腺腫

会陰ヘルニア

などです。

確かに病気になってから治療すればいいといえばそれまでですが、予防、特に生後6ヶ月くらいで手術を行えば、高齢で、病気が複数ある中での麻酔をかけなければならないといったリスクも最小限に抑えられるため、お勧めです。

デメリットといえば

麻酔アレルギー

縫合糸による皮膚の炎症(これはMダックスに多いため、反応しないような糸を選ぶことによって回避できます。)

太りやすくなる

繁殖をあとで望んでも不可能

アステールでは手術中のデメリットは事前に血液検査や麻酔のモニターなどによってリスクを最小限に抑え、事故が起こらないように徹底しています。

また去勢手術のメリットデメリットについてはオーナーさんに説明し、後悔のないように納得された上で行うこととしています。

迷われている方は是非ご相談くださいね。