肛門腺炎

1か月に1回爪切り、耳掃除、肛門腺絞りで来院する犬ちゃん、多いです。

その中でも肛門腺てなに?という方もいらっしゃるかもしれません。

肛門腺はお尻の斜め下方向に左右それぞれ1つずつある分泌腺が溜まる袋になっています。

分泌腺の出口が肛門の表面にあるのですが、とても細く、わからないくらいのことも多いです。

肛門腺は興奮したり、排泄のときに一緒に出たりするのですが、それがうまく排出されないと、溜まったままになってしまい、肛門腺が破裂してしまう事もあります。

その場合正常な肛門周りの組織が汚染してしまい、化膿して肛門腺炎を起こしてしまいます。

症状としては肛門の周りが腫れてくる、お尻が臭う、穴があいて膿が出ているなどを起こします。

治療は軽度であれば内科療法で行います。

洗浄し、中にたまっている膿を出してきれいにします。また抗生物質をしばらく飲む必要があります。

洗浄していても膿が出続けていたり、壊死してしまった皮膚の部位が広がってしまうなどの症状がある場合には麻酔をかけてその部分を取り除き、きれいにする必要があります。

早めの処置によって治療期間が短くなりますので、様子を見ないですぐに受診して下さいね。

それと同時に肛門腺絞りうちの子は大丈夫かしら?と思われましたら、すぐにアステールで出来ますので、ご相談ください。