犬 アカラス症

今日は寄生虫による皮膚病のお話です。

ニキビダニ、毛包虫と呼ばれる寄生虫が皮膚に寄生することによって起こる病気です。

多くは生後間もなく、母犬から感染すると考えられています。

発症すると、体のいたるところに脱毛が見られるようになります。

その寄生虫の画像がこちら↓

もちろん、顕微鏡がないと見ることができないとても小さなものです。

感染は一般的には母犬から子犬への濃密な接触感染(垂直感染)であり、感染犬から他の成犬への伝播はないと言われています。もちろん、人には人のニキビダニが寄生するので、犬のニキビダニが人に寄生することはありません。

発症は生後3~6ヶ月の子犬に多く、この場合には発症範囲が目や口の周り・肢端に限られており、症状も軽く、約9割が自然治癒するといわれています。

問題なのは成犬になってからの発症です。

①局所型
慢性に、極めて緩慢に病状は進行します。初めは小さな限局性の紅斑と皮膚がボロボロしてきたり、脱毛斑ができたりします。初期症状は何の痒みもありません。

②全身型

病状の進行は速く、症状が出る範囲が急速に広範囲となります。巣がベチョベチョ(滲出液)してきて、湿疹様になり皮膚がただれます。この弱った皮膚に、二次的な細菌感染が起こり、痒みや痛み(膿皮症)が増してきます。

両型目・口周囲と前肢端から始まることが多いです。その後に全体へ広がっていきます。背中は通常最後に侵されます。

全身型までいってしまうと、これは何が原因?と思われるくらい様々な要因が重なり、詳細な診察、検査をしないと誤った治療をして、悪化してしまうということにもなりかねません。

ただ、毛包虫は毛根の奥に隠れていて、皮膚の顕微鏡検査を行っても出てこないことがあります。

そのため、治療の途中でも何度か検査を行って初めてわかるということもあります。

この病気に成犬でかかると治療も時間がかかります。また再発しやすいやっかいな病気です。

アステールでは飲み薬、注射での治療を行います。

またこの病気の裏には糖尿病、甲状腺機能低下症などのホルモン疾患や別の病気での皮膚の免疫力の低下などが潜んでいることが多く、こちらも同時に治療を行っていかなくてはよくなりません。

ニキビダニの治療には時間がかかり、見た目が良くなったとしても途中でやめてしまうとまた悪化ということもありますので、必ず、受診してしっかり治しましょうね。