心不全

心不全とは心臓のポンプ機能がうまく働かなくなり、血液を全身へ送り出すことが難しくなる病気です。

心不全の原因として心臓の弁がうまく閉じなくなる僧房弁閉鎖不全症という病気が多いです。

心臓は4つの部屋に分かれていて、右側、左側それぞれの部屋を区切る弁が存在します。

右側は三尖弁、左側が僧房弁と言います。そして、特に左側の弁が体中に酸素や栄養分を送る血液に関与している重要な弁で、これが閉じていないと、本来全身に送られる血液が逆流してしまい、酸素が常に足りない状態になってしまいます。

そのため、心臓はさらに心拍数をあげて全身に血液を送ろうと頑張り、心臓に負担がかかり悪循環をしてしまいます。

心不全の発症初期はほとんど症状として感じられず、徐々に進行していきます。

心臓病のステージは4段階に分けることができ、一番軽い初期の段階では歳のせいか、あまり動かなくなったかな?寝ている時間が増えたかな?といった目立った症状が分かりにくい状況です。

一つステージが上がって軽度の状況では散歩に行きたがらない、行ってもすぐに疲れてしまう、激しい運動をすると咳が出るなどの症状が出ます。

さらに中程度の段階になると、安静にしていても呼吸が苦しい、咳が出る、食欲がない、などの症状が現れてきます。

最後の重度の段階になると、さらに呼吸が苦しい、食欲がない、咳がずっと出る、失神を起こすことがある、腹水がたまるなどの症状が出てきます。

必ずしも4段階のステージと心臓の機能が一致せず、症状はそこまで出ていなくても重度の機能不全を起こしている場合もあれば、逆に症状がひどいけれど、心臓の機能はある程度あり、別の原因が重複しているということもあります。

心臓病の症状や機能不全の状態によって、安静、食餌制限(おもに塩分制限)、内服薬などの組み合わせを行います。

軽度の段階から健康診断を行い、内服薬を始めていくと、良好な状態が維持できることが多いです。

うちの子大丈夫かなと思ったら、早めの受診をおすすめします。