わんちゃんの社会化期

こんにちは獣医師の横田です。アステールに来てから、半年が過ぎました。

最近では、何度かお会いしている方も増えてきて嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願い致します。

わんちゃんを初めて飼う方もいらっしゃると思いますが、子犬ちゃんの社会化期をご存知でしょうか?

他の犬や、家族以外の人、音やその他の刺激に上手に慣らしていく時期で、重要なのは生後3〜4ヶ月です。

社会化が不十分だと、落ち着いた環境ならできることも、恐怖や興奮が優勢になり、一切出来なくなってしまいます。

例えばせっかくおすわりや待てができるようになったとしても、お家の中や静かな場所などの特定の条件下でしか出来ない子になってしまうのです。

ただし、この時期はワクチンとの兼ね合いもあります。

お家に来て落ち着いてからは、お家の中で人に触れてもらったり、窓を開けてお外の匂いを嗅いだり、インターフォンやその他の音を聞かせてあげたりしてあげましょう。2回目のワクチンを打って1週間したら、しっかり抱っこをしてお外の音や匂いに慣らしてあげましょう。

地面を歩かせるのは、3回目のワクチンが終わって1週間後位からになります。

社会化期に十分に社会化を行うことで、そのわんちゃんの社会性が変わります。4ヶ月を過ぎても社会化は必要で、終わってしまったからといっても諦めずに、その後も続けるべきとは思います。人間社会で私たちとわんちゃんが楽しく暮らしていけるように、人や音、外の環境、他の犬などに是非慣れさせてあげてくださいね。