眼が白いです!?

こんにちは。獣医師の横田です。

長谷寺の紫陽花、すごくきれいですね~。皆さんも待ち時間覚悟で行ってみてください。

さて、今日は白内障についてちょこっとお話しします。

白内障はお目めが白く見える病気の一つです。お目めの中でも水晶体っていう、レンズのところが濁って見えます。これは、何らかの理由で水晶体の蛋白が変性してしまうことによります。

原因にもよりますが、若い子からご高齢まで様々です。

初期の段階では白くなるところが小さく、残念ながら気づくことは少ないです。たいていはある程度進行してから来院されることが多いです。

この病気は一度なってしまうと治ることはほとんどなく、見えなくなってしまう病気です。治療は基本的には手術となります。ですが、進行を少し遅らせてあげる程度のお薬を選択される方もいらっしゃいます。

同じ様に水晶体が白く見える、核硬化症っていうものもあります。これは、加齢性の変化でこれだけで見えなくなることはありません。

私たちはお目めの検査で、これらを見分けています。

何か気になることがあれば、病院にてご相談くださいね。