♫ ♪ (●´∀`●) スポンジdeシャンプー (●´∀`●) ♫ ♪

こんにちは、菊地です cat

今回は当院のトリミングでも実践しているシャンプーのちょっとした工夫を教えますね wink

皮膚疾患で薬用シャンプーを自宅で定期的に行わなければならない方もいますよね。

薬用シャンプーって薬が入っている分(?)市販のシャンプーより少々お高いですよね。。。

こぼしたり、シャンプーの濃度を濃く希釈することによって家計にひびいてきますよね。。。shock

ノーマルのシャンプーより泡立ちが少なく、ついつい濃くなってしまうんですよね~。

よく解ります think

薬用シャンプーは濃ければ皮膚に良いというわけではありません(だからと言って薄めすぎないように)

体型にもよりますが、原液を小型犬で約10ml~30ml、中型犬で約30ml~60ml、大型犬で約50ml~と、いう感じの目安です(シャンプーの種類にもよりますが。。。)

この原液を約2倍~3倍に薄めてシャンプー開始です。

danger この薄め方というのがコツになってきます。

シャンプーの濃度よりきめ細かい泡立ちが重要になってきます。

きめ細かければ薬剤が皮膚に浸透しやすく、効果が期待できます。

なので、当院ではスポンジシャンプーを行っています cloud cloud cloud 

皆さんもご存知のようにスポンジで作る泡は、手で泡立てるよりも簡単にきめ細かく作れますよね flair  

希釈する際も流水ではなくシャワーで希釈するとシャワーの圧力でより泡立ちがよくなります。

参考までに当院でのシャンプー作りを載せておきますね dog cat

IMG_0488.JPG

IMG_0490.JPG

IMG_0492.JPG